loader gif

“文章の中の、ここの箇所は切り捨てたらよいものか、それとも、このままのほうがよいものか、途方にくれた場合には、必ずその箇所を切り捨てなければいけない。いわんや、その箇所に何か書き加えるなど、もってのほかと…”

文章の中の、ここの箇所は切り捨てたらよいものか、それとも、このままのほうがよいものか、途方にくれた場合には、必ずその箇所を切り捨てなければいけない。いわんや、その箇所に何か書き加えるなど、もってのほかというべきであろう。

これは、極上の文章上達法というか、小説家でなくても、書類やメールを書く、あらゆる職業人に通じる戒めになる。かくいう私は、太宰治が言う「もってのほか」をよくやってしまって字数オーバーになる物書きなので、改めて肝に銘じることにする。

ところで、太宰治が書いたこの文章には小見出しがついている。
それがまたすごい。
一切のムダがそぎ落とされている。

兵法。

太宰治にとって、「途方にくれた場合には、必ずその箇所を切り捨てなければいけない」は文章を書くうえでの兵法だったのだ。

誰でも使える極上の文章上達法 – Hisakazu Hirabayashi * Official Blog (via railroad23) (via naoquixote) (via yellowblog) (via usaginobike) (via edieelee) (via tanakamp) (via darylfranz) (via akisuteno) (via lunaticjoker) (via bubblebubblebubble) (via konishiroku) (via dannnao) (via deli-hell-me) (via magao) (via usaginobike) (via wackn, railroad10111) (via usaginobike) (via lovecake) (via tra249) (via pinball-1973) (via maqbes) (via plasticdreams) (via urza358)

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.