loader gif

“スズメバチの毒は毒のカクテルとも言われるほど多種の混合毒です。 なんかカッコイイからマンダラトキシンしか覚えていませんでしたが、wiki先生によると炎症作用(ヒスタミン)、神経毒(セロトニン・アセチルコ…”

“スズメバチの毒は毒のカクテルとも言われるほど多種の混合毒です。
なんかカッコイイからマンダラトキシンしか覚えていませんでしたが、wiki先生によると炎症作用(ヒスタミン)、神経毒(セロトニン・アセチルコリン)、ペプチド(ホーネットキニン、マストパラン、マンダラトキシン、ベスパキニン)、タンパク質(ホスホリパーゼ、プロテアーゼ)などを含んでいるそうです。ホスホリパーゼで細胞壁を破壊し、プロテアーゼでタンパク質を分解し、ヒスタミンで炎症を起こさせ、神経毒で心臓を止めにかかりつつ、その他各種毒でアナフィラキシーショックも誘うというのをハチの一刺しで同時に行う訳です。
なにそれこわい。
刺されたらいかに早くポイズンリムーバーで吸引すべきか想像できるかと思います。
おまけにスズメバチの毒針はミツバチのようにカエシがないので何発でも刺してくる。
でもアレルギー持ちでなければ食べる分には関係ねぇ。
サクサク。”

キイロスズメバチはいろんな意味で微妙だからこそ捕って食べる | ざざむし。 (via datteowww)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください