loader gif

“昔の人は明日死ぬかもわからない不安のなかで、救われたみが高まりまくって仏像を彫った。三十三間堂はどんな人でも絶対救われるようにフォールバック的に1,000体も千手観音が置かれているし、平等院は極楽浄土を…”

昔の人は明日死ぬかもわからない不安のなかで、救われたみが高まりまくって仏像を彫った。三十三間堂はどんな人でも絶対救われるようにフォールバック的に1,000体も千手観音が置かれているし、平等院は極楽浄土を現世に再現した、いわばバーチャル浄土体験である。そういう創作の原動力には、めちゃくちゃな救われたさがあったに違いない。幸いにもぼくの悩みなんかそれらに比べたら些細なものだけど、普通に過ごしているとなぜか色々起こるもので、諸事情できびしい雰囲気が続いて弱ったり、以前ほど無茶ができない体質になってきたと感じる。

そういうときに、なんとか救われたい、と思うわけで、無宗教だけど何かにすがりたい気持ちは理解できる。すがりたい対象が、仏像かまんがタイムきららかの違いだと思う。

MEMOGRAPHIX: 「京都、仏像をめぐる旅」読んだ感想  (via shikakun)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください