loader gif

“「もののあはれ」という言葉、多くの研究者が平安中期以降の日本古典文学における中心的概念のひとつと捉えて、特に『源氏物語』全体に底流するテーマのひとつという解釈をされるなかで、ひとり清少納言が『枕草子』で…”

“「もののあはれ」という言葉、多くの研究者が平安中期以降の日本古典文学における中心的概念のひとつと捉えて、特に『源氏物語』全体に底流するテーマのひとつという解釈をされるなかで、ひとり清少納言が『枕草子』で「ようするにさ、眉毛を抜いた時の顔みたいな感じだよね」と書いたの最高でしょ。”

たらればさんはTwitterを使っています: 「「もののあはれ」という言葉、多くの研究者が平安中期以降の日本古典文学における中心的概念のひとつと捉えて、特に『源氏物語』全体に底流するテーマのひとつという解釈をされるなかで、ひとり清少納言が『枕草子』で「ようするにさ、眉毛を抜いた時の顔みたいな感じだよね」と書いたの最高でしょ。」 / Twitter (via wiz-stargazer)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください