loader gif

“今年9月26日にロイター通信が報じた「マネロン疑惑のダンスケ銀行エストニア部門元トップ、遺体で発見」というニュースをご存じだろうか。日本ではまったく話題にならないが、この一報こそが欧州でのダークマネーの…”

今年9月26日にロイター通信が報じた「マネロン疑惑のダンスケ銀行エストニア部門元トップ、遺体で発見」というニュースをご存じだろうか。日本ではまったく話題にならないが、この一報こそが欧州でのダークマネーの暗闘劇を伝えるものとして、暗黒街では大きな話題となった。

キーになるのは「ダンスケ銀行」と「エストニア」だ。この2つの言葉には、2000年代の欧州においける「黒い金」の歴史が凝縮している。

元経済ヤクザがリポート「欧州金融ダークサイド最前線」(猫組長(菅原潮)) | 現代新書 | 講談社(3/4) (via asagaonosakukisetu)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください