loader gif

gkojax-text: “しかし、思春期真っ只中の現役世代にはこの映画どうなんですかね。学園カースト最下層の連中は、「今」勝つことを切に望んでいるのだ。今、ジョックスにナメられたくない。今、映画好き美…

gkojax-text:

“しかし、思春期真っ只中の現役世代にはこの映画どうなんですかね。学園カースト最下層の連中は、「今」勝つことを切に望んでいるのだ。今、ジョックスにナメられたくない。今、映画好き美少女と仲良くしたい。今、やりたいことをやりたいんだ。だから思春期世代に「なんだこの映画、気分悪いわ」と思われても仕方がない面もある作品と思う。いや実際、上映が終わって「けっこういい映画だったなあ」なんて思ってたら、隣の席の若い女の子たちが「なんかさー、なんも解決してなくね?」とか言っててギョッとしたんだよな。たぶんオレだって思春期に観たとしたら、映画全編に漂う「諦念」、その後ろ向きの感覚に苛立っていたことだろう。 映画好きと思われた美少女が、実はチャラ坊の彼女で映画にも興味なかったなんて夢敗れる展開に、オレの如き負けに負けてきたおっさんは「そうそう、そんなもんだよ少年」と納得する。この映画のそこそこ誠実なところだとさえ思う。しかし現役の思春期世代からすれば何コラタココラ、ふざけんなってやってやるって! と激昂していい酷な展開だ。つべこべ言わずに長澤まさみ出せって! ベッドでドンペリニヨンだって! まあ、地道にゾンビ映画作るしかないよな。いい顔した野球部の主将みたいに、みんなそれぞれ自分の戦場で闘うしかないんだ。そのうちたぶんいいこともあるよ、高校行ってるうちは絶対ないけどな! という、暖かいんだか冷たいんだかよく判らぬ映画だと思いました。”

2012-08-16 – 挑戦者ストロング

「桐島、部活やめるってよ」を観た

(via ginzuna)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください