loader gif

“映画「マクロス・プラス」の挿入歌「Information…”

映画「マクロス・プラス」の挿入歌「Information High」というのが
やはりこれまでで一番「きつかった」というより作るの無理なんじゃないかな?
と思った作業でした。

人間の手によって作られたヴァーチャロイド・シンガーのシャロン・アップルが
意思を持ち知性を獲得し、その声と歌と曲を使って人民を洗脳し、
ついにはマザーコンピューターまでハッキングして、何もかもを意のままにしようと
するという話なんですが、まあ、初音ミクの元祖的な感じというか。

監督からのオーダーは

「1曲演奏しただけで10万人を洗脳してしまう曲」

というものだったんですが・・・はぁ!?って感じですよね

まずは2曲ボツになりました

ちなみに2曲目にボツになったのは後にConfusionの”JOY”という曲になり
自分の曲として復活することとなりますhttp://www.nicovideo.jp/watch/nm11900873

思えばこれが人生初のボツだったので、今ではボツなんて日常茶飯事ですが
当時の若くて心が弱かった僕は激しく落ち込んでしまいました。
しかし梶原が、これかっこいいので自分たちの曲にしちゃおうよと言ってくれて
だいぶ救われた記憶があります

これはきつかった!という作業は? – cmjkインタビュー (via katoyuu)

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください