loader gif

“Kさんも30億円ほどの借金を抱えていたのですが、「僕は毎月5万円しか払ってないですよ」と言います。Kさんに聞くと、まず毎月の支払いをストップする、そうすると3ヵ月後に銀行から電話が来るから、その時点で銀…”

“Kさんも30億円ほどの借金を抱えていたのですが、「僕は毎月5万円しか払ってないですよ」と言います。Kさんに聞くと、まず毎月の支払いをストップする、そうすると3ヵ月後に銀行から電話が来るから、その時点で銀行と交渉すればいい、と教えてくれました。
言われた通り支払いをストップして3ヵ月経った頃、確かに銀行の人から「どうしましたか?」という電話が掛かってきました。「いや、もう払えないんですけど」と言うと「こちらに来てください」と言います。交渉の場が設けられることになったわけです。
8500万ぐらいの残債が残っていた銀行には、Kさんと一緒に行きました。Kさんから「毎月2万円ぐらいしか払えないと言った方がいいですよ」と言われていたのでそう言うと、「冗談じゃないですよ。話になりません」と銀行の人は言います。銀行の人を怒らせてしまったから訴えられたりするのかな、と思ったのですが、銀行からはそれ以来何も言ってきません。何も言ってこないから、ローンの支払いはストップしたまま5年が経ちました。
正確に言うと4年と8ヵ月です。借金は5年経つとチャラになると人から聞いていたので、もう大丈夫と思っていたのですが、あと4ヵ月というところで捕まってしまいました。時効直前に捕まった犯人みたいな心境です。
丁度その頃、離婚問題でゴタゴタしていて、慰謝料やら部屋探しやらでお金がなかったのですが、なんとか300万円集めて弁護士さんを頼んで銀行側と交渉してもらったら、その300万円で8500万円の借金を帳消しにしてくれることになったのでした。
銀行の人と会うとき、僕はわざとボロボロの服を着て行きました。「これでよろしくお願いします」と言って300万円渡すと、銀行の人も恐縮した感じでした。借金を踏み倒すのはよくないことですけど、銀行だって何も考えずにボンボンお金を貸していたわけですから、全部こっちに非があるというのはおかしいと思って、自分を納得させました。”

朝日出版社第二編集部ブログ (via deli-hell-me)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください