loader gif

petapeta: “スキャットマンの楽曲で恐らく最も有名なのは「SCATMAN」であろう。 いきなり高速のスキャットから始まり、 「ski bi di bi di bap do…do bam…

petapeta:

“スキャットマンの楽曲で恐らく最も有名なのは「SCATMAN」であろう。
いきなり高速のスキャットから始まり、
「ski bi di bi di bap do…do bam do」など非常に印象的なスキャットが曲の各所に盛り込まれており、一度聞いたら忘れられない曲になっている。
日本でも95年にこの曲でデビューし、一躍時の人となる。
しかし、残念ながらそのあまりに特徴的過ぎる曲故に、いわゆる「ネタ」として認知されることも少なくなかった。
(ウルトラマンが歌うスキャットウルトラマンや、加トちゃんのスキャットマンなどのパロディも存在する。一応のためであるが、それ自体が悪いというわけではない。)
しかし、SCATMANの歌詞には氏の真摯な思いが込められている。
以下歌詞の一部。
Everybody stutters one way or the other
So check out my message to you
As a matter of fact don’t let nothin’ hold you back
If the Scatman can do it so can you
日本語訳(意訳)
誰にだって吃ることくらいあって当然さ
いいかい?僕のメッセージをよく聞いて
実際どんなことがあってもそこで身を引いたらいけない
スキャットマンにできるのならば君にだって出来るのさ
いかがだろう…
何か響くものがあるだろうか?
氏は幼少期より吃音症に悩まされており、ピアノを弾くことさえあっても人前で喋ることはほとんどなかった。
吃音の辛さに耐え兼ね、アルコールやドラッグに溺れることさえあった。
しかし、仲間や友人がドラッグで死亡することを目の当たりにした氏は、妻の助けもあり更正する。
更正した彼は吃音と向き合い、自分の吃音を認め、スキャットに生かすことで成功を収めているのである。
SCATMANに込められた思いは「自分と同じように吃音に悩まされる人を元気付け、逆境をも乗り越えられるようになってほしい」というものなのである。 それだけでなくまだまだ様々な解釈をすることが出来るだろう。
いずれにせよ氏の歌詞には、前向きに未来へ向かう気持ちが込められているのである。”

Scatman John -アニヲタWiki-

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください